スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOMA社のスタニアン見てきました


 
 SOMA社といえば、米国サンフランシスコに拠点を置く
自転車ブランドですね。1980年代を色濃く反映した製品ですね。
自転車にこだわる人にとっては、ちょっと目を引くブランドです。

 フレームへのステッカーチューンやパーツの設定などで、さりげない
独自性、所有者のセンスで表現しやすいブランドともいえます。
今回ショップで見たのは、クロモリフレームのスタニアン。

 チューブはタンゲの誇るダブルバテッドチューブのプレステージです。
メッキラグが標準です。クランクはサンエクシード。チェーンリングは
TAです。ハブもサンエクシードのラージフランジのボスハブで、
スプロケットは7段でした。

 リムもサンエクシードでタイヤはビットリアのランドナー。
バーはディズナのバンディハンドルです。下広がりのセミドロップ形状です
から、下を持ってもきつい前傾にならず、ブラケット部分を握っても
リラックスポジションを保てます。

 変速レバーはダイアコンペのラチェット式Wレバーです。サドルは
ブルックスのB17。フレーム価格は¥86.100です。
結構、リーズナブルでしょ。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
  ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

キザロの305ロードフレーム


 
 キザロといえば、深谷産業のブランドですね。もともとは、
自転車選手の守り神をまつるイタリア・ギザロ教会にちなんで
名づけらました。日本人の体格にフィットする、オリジナルの
ジオメトリーを採用しています。

 クロモリとしては、お買い得なフレームで、¥49.800。
このぐらいのものから、クロモリをスタートするのも、いいかも
しれませんね。組んでいくと、軽く10万円は超えますが……。

 トラディショナルなフォルムですので、飽きがきません。
フォーククラウンは、やや肩下がりです。ラグも典型的な
イタリアンカットです。シートラグ部も標準的な接合です。

 サイズはセンタートップが520mm。トップチューブは535mm。
長距離をのんびりいくなら、こんな感じでしょうか。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
  ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

サドルレールに引っかける簡易泥よけ


 
 サドルメーカーのサンマルコに面白い商品があります。
オシャレなマッドガード。スマートアスというフェンダーです。
柔らかめのプラスチック製で、取り付ける場所はサドル。
脱着可能なところが、最大のポイントですね。

 使わないときは折り畳んでコンパクトになり、サドル下に収納
できます。サドルメーカーらしい、ナイスなアイデアでスマートな
フェンダーです

 通常のフェンダーより効果は望めませんが、無いよりはマシ。
出先での急な雨や、イベントなどで使う軽量な物を探している方に
お勧めです。

 まあ簡易泥よけですね。梅雨の季節に入り、とっても便利です。
サドルレールに引っ掛けるだけで装着可能。サドル下に隠れる部分が
長ければ切るも良し。半分に折り畳めますので、サドル下に入れた
ままでも良し。サドルバッグに入れておくのも良しです。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
  ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ディ・ルーカ、またドーピング



 ダニーロ・ディ・ルーカがまたしても、ドーピングで陽性となった。
今回もEPOである。4月27日に新チームでレース復帰し、すぐに
10位という結果を残し、ジロのメンバー入りを果たしたが、4月29日の
レース外検査がEPO陽性と判断された

 ジロ直前にヴィーニ・ファンティ-二/セッラ・イタリアで復帰した
ばかりで、ジロでも、そこそこの走りを見せていただけに、何やってんだと、
かなり、がっくしである

 チーム監督のルーカ・シントはインタビューに「事実だ」と述べ、
「彼は完全に狂っている、彼は精神的な治療を受けるべきだ。僕らと
スポンサーは彼を信頼して2度めのチャンスを与えたんだ、そしてこの
仕打だよ」と怒りをあらわにした。

 「彼の過去の経緯からチームに加えたくはなかったが、スポンサーの意向で
加えざるをえなかった。それ見たことかという感じだ。せっかくポリシーに
基づきチーム作りをしてきたのに、スポンサーの横槍でとんだ災難だよ」と語り、
今回の一件がスポンサーにもその責任の一端があったことを訴えている。

 過去にもドーピングで2年間の出場停止をくらったディ・ルーカ。
今回陽性が確定すれば、もうUCIから永久追放の処分がくだされるのは
間違いない。

 ニーバリは「こうしたことがある度に、全ての選手達に疑いの眼差しが
注がれることになる」と語り、もううんざりしていると口にした。

 ディ・ルーカは、追放処分がなくても、おしまいだろうな。
好きな選手だっただけに、残念だ。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ニーバリ優勝、TTがすべて


 
 「まだ想像が現実に追いつかないよ。こみ上げてくる感情に、
まだすべての感覚が追いつかないんだよ」。ジロを制したニーバリ、
地元開催のジロでの優勝は感慨深いものがあるでしょう。

 今回の優勝は、二つの個人TTでの走りに尽きる、と思います。
TTでは、ウィギンスにかなわないと思われていたニーバリですが、
ずっとTTの練習を積み重ねてきたとのこと。練習すれば、強くなるの
ですね、TTも。

 最終ステージについて、ニーバリが語っています。
「きょうはレース開始時点から感情がこみ上げてきて、気持ちのやり場に
困ったよ。沿道の観衆の声援や祝福の声はただただ素晴らしかった。
その中を駆け抜けられる心地よさに酔いしれたよ。これはイタリア自転車界
にとっても、僕にとっても大きな前進だよ」

 前評判は高かったものの、ウィギンス(チームスカイ)に次ぐ2番手扱い
だったニーバリにとって、悔しさはなかった言ったら嘘になるでしょう。
比較的おとなしくポーカーフェイスのイメージのあるニーバリですが、
この日は抑えきれない感情を爆発させていました。

 おめでとう。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
  ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

EMIZOU

Author:EMIZOU
東京都内に住む50歳の会社員。
バイクはコルナゴのアルミフレーム。
土日だけの自転車乗りです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。