スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルベアからカンパニョーロ80周年記念モデル


 
 スペインのバスク地方に本拠を置くオルベアから、オルカゴールドに
カンパニョーロ80周年記念コンポーネント&ホイールを搭載した
限定完成車が発売されました。

 コンポーネントはスーパーレコード80周年記念モデルをフルセットで
アッセンブルし、ホイールにもボーラ・ウルトラツー80周年記念モデルを
セレクト。カラーはカーボングロス&マット。

 定価は126万円。30台限定だそうです。

 オルベア、ジロでも目立っていますね。雪の中でも、オレンジが
よく映えています。1台。欲しいですね。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
  ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ウィリエールのゼロ9


 
 ウィリエールから、ニューモデル「ゼロ9」が出ましたね。
2013年のニューモデルとして、フラッグシップのひとつに
チェントウノSRを加えたウィリエール、積極的です。

 ゼロ9は、ウィリエールのフラッグシップのひとつ「ゼロ7」
の一卵性双生児という存在だそうです。BB386を搭載し、
フレーム単体で750gの重量を実現した超軽量モデルです。

 ゼロ9登場の背景には、ゼロ7よりも扱いやすいモデルの要望が
あったようです。サドル高の調整幅の小さなインテグレーテッドシート
ポストを敬遠する声があったことも背景になるとか。

 こうした理由からゼロ7の形状をそのままに、堅牢性を高めたゼロ9
が開発されたわけです。ゼロ7との違いは使用素材。60トンのカーボンを
使用は同じですが、ゼロ7よりカーボンの積層数を増し、その結果、
フレーム単体で950gの重量となり堅牢性を大きく向上させています。

 フレーム価格で39万9000円。デュラで組むと60万円近くになりますね。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
  ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ジロにはビアンキがよく似合う


 
 いよいよ始まったジロ・デ・イタリア。各メーカーの自転車を
見ているだけでも楽しいんですが、ジロにはビアンキがよく似合うなと、
強い印象をますます持っています。

 チーム・ヴァカンソレイユの選手たちが乗るビアンキ、なかなか
格好いいですね。ぎんぎんの蛍光色のチッポリーニも目立っていますが、
ヴァカンソレイユの自転車に目がいってしまいます。

 伝統のチェレステのカラーに、赤と青が微妙に織り込まれていて、
なかなかいいですね。チームカラーとは何の関係もなく、チェレステで統一
というのも、いかしています。

 第3ステージは、アマルフィの海岸沿いを走っていましたが、道路の
落書きにマルコ・パンターニなんて書いてあって、やっぱりイタリアだな、
という印象を強くします。

 ビアンキが似合うな、という印象も、あのパンターニの残像があるから
かも知れません。レースはこれから、ですが、なんだが、ビアンキ応援したい
気持ちになりました。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
  ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ラピエールのゼリウスEFI



 ラピエールといえば、2002年からフランスのチーム
「フランセーズ・デ・ジュ」にバイクを供給しているメーカーとして、
知られている。

 創業は1946年。ブルゴーニュ地方のディジョンに本拠を置く。
昨年のツール・ド・フランスの第8ステージで、ティポー・ピノが逃げ切り、
優勝を飾った時のバイクが、ラピエール「ゼリウス EFI」だった。

 今回ショップで見たのは、セカンドグレードにあたる400というモデル。
コンポーネントはシマノ・アルテグラ、ホイールはマヴィック・キシリウム
エリートが装着されていました、

 使用されているカーボンシートはF40という40トンクラスのカーボンで、
自社のオリジナル設計という。シマノ・アルテグラ完成車価格で¥47万1450円。
結構、いい感じがいましたし、コストパフォーマンスがいいです。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

デローサのスーパーキングE



 デローサのスーパーキングが売れているという話は、以前書きましたが、
よく行くショップでは、スーパーキングEが組まれていました。
Eというのは、カンパニョーロEPS(エレクトリックパワーシフト)
専用のフレームです。

 デローサとカンパニョーロのエンジニアがタッグを組んで開発した画期的な
フレームで、バッテリーはダウンチューブ内に納まっています。
コンポーネントは、レコードでした。

 シフトミスがよく起こるといわれるシマノのDi2と違って、EPS
の方は、シフトミスがほとんど、ないと言われていますね。
フレーム定価は、SRなんかより、ちょっと高くなって¥299.250です。

 このEPS、イタリアのメーカーなのに、というと、語弊がありますが、
本当によく出来ていますね。レコードも、カーボンフレームによくあっている
感じがしました。

 色目は、SRにちょっと似ていますが、さらにカーボン、カーボンしています。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

EMIZOU

Author:EMIZOU
東京都内に住む50歳の会社員。
バイクはコルナゴのアルミフレーム。
土日だけの自転車乗りです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。