スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミのデダチャイからカーボンフレーム


 
 デダチャイといえば、アルミフレームが全盛だった10年ほど前、
私がロードバイクを買ったころですが、フレームメーカーにチューブを
提供していたイタリアの老舗ですね。

 そのデダチャイが、「デダチャイ・ストラーダ」という名前で、
カーボンモノコックフレームを出しています。上位機種は、ホリゾンタルな
形状で、シートステイの取り付け位置が下がっているため、独特な形を
しています。日本では、インターマックスが輸入代理店になっているようです。

 まず、フラッグシップのテメラリオですが、これまでの常識を覆すほど、
ボリュームを持ったチェーンステイが、パワーを余すところなく駆動力に変換する
仕組みです。極太のコラムを採用したワンピースカーボンフォークが、ダウンヒル
では、安定感を生み出します。

 シートステイはチタン。加速性と振動吸収性という相反する性能を両立する
ための選択ということですが、チューブメーカーとして、これまで蓄積してきた
データがものをいっているんじゃないでしょうか。

 続いて、ラン。フレーム素材は、MR60とHR40というハイモジュラスカーボンを使用。
トップチューブやシートステイなど、しなりが求められる部分で使い分けている
ようです。シフトワイヤは内蔵されず、フレーム外側を通るルーティングです。
リヤブレーキのみ内蔵です。

 フレームの形状が独特なので、振り向かれること間違いなしですよ。

ブログ村のランキングに参加しています。
クリックしていただけると、励みになります。
  ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EMIZOU

Author:EMIZOU
東京都内に住む50歳の会社員。
バイクはコルナゴのアルミフレーム。
土日だけの自転車乗りです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。